紙箱の種類ついて

紙箱とはそもそも何なのか

紙箱と一口に言ってもレトルトの箱のような商品パッケージから、小物入れに使えるような凝ったものまで様々な種類があります。ここでは簡単にですが、紙箱の種類とその説明をしていきたいと思います。

パッケージなどによくつかわれる紙箱

折箱や組み立て箱と呼ばれる紙箱はパッケージなどでよく目にすると思います。
折箱は薄い板や奴が身を折り曲げて作った箱のことを指しますが、本来厚経木を折り曲げて作られてた木箱の事を指します。お寿司が入っている紙の弁当箱や駅弁の箱などで目にした方も少なくないのではないでしょうか。
組み立て箱はその名の通り組み立て式の箱の事で、接着して作ったり、差込口を利用して作ったり、その組み合わせ、さらには引き出し式や蓋が分かれていたりするものなど、様々な種類があります。キャラメルの箱やレトルトのパッケージ、お菓子系のお土産の箱、さらにケーキを入れる箱など多くの商品をパッケージするのにつかわれる箱がこの分類になります。
これらの箱は量産品であることが多く、安価なのが特徴です。

贈答品などに使われる貼り箱

芯となるような硬い紙の表面に印刷紙や洋紙、場合によっては布などの紙以外の素材を張り合わせて作る紙箱の事です。見た目も折り箱に比べて美しいものや高級感のあるものが多く、また頑丈であるため、引き出物や贈答品の菓子折りなを入れる箱として使われます。
また、こちらも折箱同様種類は様々で、本体と、本体を覆うような形になる蓋といったの一般的な形式のものや、本体と蓋の大きさが同じで、中に蓋を支えるための内箱などがある印籠式タイプ、本体と蓋が一体となり、化粧品のコンパクトのような開閉が可能な一体式があります。
さらに、形状そのものも四角形のみならず、多角形、多面体など、量産品の折箱、組み立て箱に比べてデザイン性にも富んでいます。
貼り箱は箱自体が折り箱などと比べて高価なものが多いです。

化粧箱もさまざま

化粧箱は一般的に贈答品などのパッケージに使われる紙箱の総称です。
贈るものも貴金属などの高価なものからお土産品など安価なものまであり、それぞれの商品に合わせた化粧箱にパッケージされます。そのため、化粧箱は高級なものから安価なものまで存在し、貼り箱や折り箱などといった区別がありません。
安価な折り箱でも、かわいらしいプリントがなされたもの、表面加工により高級感を出したものなど、をパッケージするにふさわしい加工がなされたものもありますし、貼り箱と折り箱が組み合わされて作られた箱もあります。
つまり、上記の折り箱や貼り箱のように製造方法や構造で分類されるのではなく、使用目的によって分類される箱の種類になります。

ビニール袋やポリ袋のメーカーです。丁寧に提案型見積をいたします。 当社の強みは、創業60年で培われたノウハウを活かしたパッケージの企画・提案力で、お客様のご要望に応じた製品を迅速に納品いたします。 沖縄から北海道まで全国、海外対応実績もございます。 創業59年、ネット販売16年の実績がございます。100万個以上の製造実績がございます。 紙箱も自分流にオーダーしちゃおう