目的と用途に応じた紙箱

紙箱に秘められた特徴とは

商品を購入した際に活躍する紙箱には幾つかの役割があります。デザインは勿論のこと形状や素材も様々であり、それぞれに重要な意味や機能が隠されています。ここでは紙箱の特徴や種類についてご紹介します。

紙箱が持つ役割とは

購入した商品を入れる紙箱には大きく分けて2通りの役割があります。まず商品が壊れたり傷んだりすることを防ぐ保護目的です。特にガラス製品や食器などの陶器類を持ち帰る場合は、紙箱に入れることで外からの衝撃を和らげてくれます。次に商品をより美しく見せる効果があるギフトの際に用いる紙箱があります。この場合も商品を保護する目的も含まれてはいるものの、ギフトボックスに入れることでより高級感を出し、おしゃれに演出するのが最大の目的です。さらにラッピングをすることで、ラッピングと紙箱を開けて商品を手に取るわくわく感を与えてくれます。また保護目的に作られた紙箱とは違い、豊富なデザインが取り揃えられているのが特徴です。

保護目的の紙箱の特徴

紙箱は目的に合った形状をしていることが大切で、商品に適した紙箱を使用することで初めて威力を発揮します。商品の保護を目的とした紙箱は、商品にフィットする大きさでなければなりません。何故なら商品と紙箱の間に無駄な空間が生れてしまうと、紙箱を持って移動する際の振動で大切な商品が動いてしまう恐れがあるからです。中には商品を固定するための突起や引っ掛かり部分が備えられている場合もあります。そして紙箱の素材も重要で、商品の衝撃を和らげることができるクッション性に飛んだ波状の加工が紙箱の内側に施されています。もし内側が硬い平面の紙であったなら、外からの衝撃を商品がもろに受けてしまいかねません。保護目的に使用される紙箱には多くの工夫が隠されているのが特徴です。

ギフト目的の紙箱の特徴

一方ギフト用の紙箱には豊富な種類があり、収納する商品に合わせるだけでなく、好みに応じて選択できます。ギフト用の紙箱は豊富なデザインが特徴で、中にはお店やブランドのロゴが入ったものも見られます。特にブランドのロゴが入った紙箱では、商品に付加価値を付けることも可能です。そしてカラーも多岐にわたり、商品やブランドに適した色の紙箱を使用することで洗練されたギフトに魅せることが可能です。クリスマスプレゼントには赤や緑を、春にはピンクといったイベントや季節に合った紙箱を用いることでシーンに合ったムードを演出します。またギフト目的の紙箱は必ずしも商品にぴったりの大きさのものが適しているとは限らず、大きめの紙箱に色鮮やかなクッション素材やメッセージカードなどを入れることで素敵なギフトに仕上がります。